狂犬病予防接種のおはなし。

0
    こんにちは!
    動物看護師、花岡です(*^ω^*)


    暖かいを通り越して暑くなったり、寒い日もあったり…
    なかなか気温が安定しませんが、みなさん体調をくずしていませんか?
    もうちょっと、緩やかに気温が変わってくれると嬉しいのですが(^◇^;)

    そんな5月ですが、最近はわんちゃんで待合室が賑やかな事が多くなっています。
    予防のシーズンですね(*^ω^*)
    先日、花岡の愛犬も狂犬病予防接種をしました。




    狂犬病予防注射は、接種をすると注射済票を発行します。
    済票と、登録の鑑札は、わんちゃんに着けるよう義務付けられています。
    発行する際に一緒にリングをお渡ししていますので、首輪に着けてあげてください。
    首輪に着けるとカチャカチャして嫌がる、噛んでしまう、なんて場合、首輪が布なら縫い付けてしまう手もあります。



    花岡は縫い付け派です。

    無くしちゃった…なんて場合は、保健福祉センター衛生課で再発行できます。


    狂犬病予防の注射は、
    「日本では病気の発生がないのに、なんで接種する必要があるのか?」
    とおっしゃる方もいらっしゃいます。

    ざっくり簡単に説明すると、
    いつ日本に入ってくるかわからないので、もし発生した場合、蔓延するのを防ぐため
    (かなりざっくり説明しました)
    狂犬病予防法という法律で、飼い犬には接種が義務付けられています。

    日本と同じく狂犬病清浄国であったお隣、台湾では2013年に野生動物で発見されています。

    接種しないで狂犬病にかかり、さらに人を噛んでしまって病気を拡げてしまう…なんて恐いですよね。
    なので、狂犬病予防接種、しましょう!
    痛いですが…


    人間では、はしかが流行中です。
    年代によって、予防接種してなかったりがあるそうなので、お気をつけください。

    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM